Chihiro Sees the World

シンガポールに住みながら日本のIT企業にてリモート勤務中

シンガポールの移動手段を攻略!①バス編〜乗り方や料金の払い方〜

こんにちは!観光客のみなさまにも有益な情報を発信したいチヒロです。ということで、シンガポール在住者には読み飛ばしていただきたい、シンガポールの移動手段についてご紹介したいと思います。今回はバス編になりますが、追々MRT編、タクシー編も投稿します。

路線バスの利用は必須?

日本に住んでいる皆さんは、おそらく普段あまりバスに乗らないですよね?私は東京に住んでいたころ数える程度しか乗りませんでした。いつ来るかわからないし、移動に時間もかかるし。しかしここシンガポールでは、バスは多くの人が利用します。そのため、アプリをうまく活用することでぐっとバスに乗りやすくなり、行動できる範囲も広がりお財布にも優しい旅行ができます。

路線バスに乗る前に用意すべきもの

  1. Google Maps(オンライン)

  2. Ez-Linkカードもしくは現金

1. Google Maps(オンライン)

これはオンラインである必要があります。自分のいる場所から、行き先までのルートを検索し、どこのバス停から何番のバスに乗ればいいか検索し、かつ降りるタイミングもGPSで追っていく必要があるためです。旅行中という方は現地でネットが繋がるようにしておく必要がありますので、よくある海外レンタルWiFiやSIMの購入などをしてください。(下記におすすめのSIMを記載しておりますので、ご興味がある方は読んでみてください。)

2. Ez-Linkカードもしくは現金 これは日本で言うSuicaのようなもので、IC乗車カードになります。駅などで事前に購入しておく必要がありますが、MRT(電車)に乗る際も利用しますし、MRTからバスに乗り換えた時などは乗車賃が割引になるので、持っておいた方がいいですね。現金で購入したい方は、お釣りがでないので小銭を用意しておく必要があります。

海外レンタルWiFiとSIMはどっちがいい?

余談かつ個人的な意見ですが、海外に行く場合は現地でつながるSIMを用意したほうがいいと思います。WiFiだと充電が切れてしまったり、移動中は回線が不安定になることも多いようで、わざわざ用意したのにあまり使い物にならなかったという話も聞きます。シンガポールについてから現地のSIMを購入するのもいいですが、空港で無駄な時間を使いたくない、安くてきちんと繋がるSIMがいいという方もいると思うので私のおすすめをご紹介します。

※アフィリエイトリンクではありません

こちら、以前家族がシンガポールに来てくれたときに実際に購入したものです。これがめちゃくちゃ良かった!中に入っている説明書も日本語ですし、うまくいかないときは日本語で電話サポートしてくれるようです。(家族は説明書通りにネットが繋がりました。)そして金額もお手頃。シンガポールに旅行に来る人は3~5日くらいの方が多いと思うので、8日間使えて1日あたり500MBはもう十分です。

もちろん、常にInstagramを見て〜となると足りませんが、WiFiのある環境ではたまに接続し、外でもちらほらSNSを見たり常にGoogle Mapsを使っても余裕です。日本と異なりシンガポールでは街中でWiFiが普及しております。シンガポールに来てから空港などでSIMを買うこともできますが、そんなに容量必要ないよっていう量を30ドルなどで買うことになるので、個人的には日本で買っておいたほうがいいのではと思っています。

さて、オンラインの状態になっていることを前提に、Google Mapsを開きましょう。そして行き先を検索。

f:id:letrangere:20190520035000j:plain:w300

このルートが出てきました。36番のバスで行けるようです。ルート上にある白い丸はバス停のおおよその目安です。(たまにずれてる・・・) この地図を見た方はお気づきかと思いますが、すごい近い距離を乗りました。笑

近いから歩こうよって感じですよね、でも展示場帰りで疲れてたんです。笑

そして私の行きつけの歯医者が保存表示されていますね。日本人の歯科医もいておすすめです。一応リンク貼っておきます。

http://www.aesthetesmilestudio.com/

さて話を戻します。タップして詳細なルートを表示しましょう。

f:id:letrangere:20190520034956j:plain:w300

これによると、「Opp Suntec Convention Ctr」というバス停から、目的地の近くの「Capitol Bldg」というバス停で降りればいいようです。

日本ではGoogle Maps上のバス停の位置が信用度低いと思いますが(今は違うかも?)、シンガポールではそんなことございません。信用してもおそらく大丈夫です。 地図を見ながらバス停に向かいます。

f:id:letrangere:20190520035526j:plain:w300

バス停に着きました。

f:id:letrangere:20190520035859j:plain:w500

Google Mapsに表示されているバス停名と合っているか確認しましょう。バス停名の下には、このバス停に停まる路線番号が書いてあります。36番と書いてありますね。

ちなみにシンガポールのバス停では、このように大抵屋根があります。スコールがいつくるかわからない国ですからね。

f:id:letrangere:20190520030145j:plain:w500

ここでしばし待ちましょう。

路線バスの到着時間を調べる方法

シンガポールのスマホ世代の多くはバスのアプリを入れています。私ももちろん利用しています。人によって使いやすさや好みがあると思いますが、私が利用しているのはこちら。

play.google.com

アプリを起動して「NEARBY」をタップすると自分が今いるところから近い順にバス停が表示されます。

f:id:letrangere:20190520030141j:plain:w300

対象のバス停名をタップすると、このようにそこに停まるバスがあとどのくらいで来るか表示されます。

f:id:letrangere:20190520030138j:plain:w300

10分待たなくてはいけないようです。待ちましょう! ちなみにここで表示されるのはあくまでも目安ですが、大きくずれることはないと思います。

路線バスの乗車方法

時間通りバスがきました。

f:id:letrangere:20190520030134j:plain:w500

シンガポールでは、自分の乗りたいバスが着たら手を水平に差し出し乗車意思を示します。 以前スマホに集中していて見ておらず、自分以外に乗る人がいなくて誰も手をあげなかったため置いていかれたことがあります。気をつけましょう。 手を挙げると大体近くに止まります。これも日本と違うところですが、あくまでも大体の場所に止まります。ちょっと遠いこともありますが、その場合は乗車する人が移動しましょう。二箇所ドアが開きますが、乗る場合は前方の乗車口からのみです。※ベビーカーや車椅子は除く

路線バスの料金の支払い方

乗車すると左右にICカード読み取り機があるので、ここにEz-Linkカードを読み取り機にタッチします。 Ez-Linkカードがない方は現金でお支払いとなります。

バスの運転手にどこで降りたいか、バス停名を伝えると、いくらか値段を教えてくれます。 その金額ちょうどをこちらのオレンジのボックスに投入します。

路線バスの料金

バスの料金は乗車距離によって変わりますが、よほど遠くに行かない限り$1〜$2ほどです。シンガポールは公共交通機関が本当に安い!Ez-Linkカードを使ってMRTから乗り換える場合は、15分程度乗っても$0.4のみだったり。こういう割引が適用されるのも嬉しいですね。

f:id:letrangere:20190520030116j:plain:w500

ご注意いただきたいのが、お釣りがでない点です。なのでできるだけ小銭を用意するか、Ez-Linkカードを買うのがおすすめです。

お金をいれると、別なオレンジのボックスからチケットが出ます。

f:id:letrangere:20190520030121j:plain:w500

さて、しばし景色を楽しみましょう!でもGoogle Mapsでたまに現在地は確認してください。シンガポールに住んで数え切れないほどバスに乗っている私ですが、ボーっとしていたりスマホに夢中になっていたりで、目的のバス停を過ぎたこと数知れず・・・。

f:id:letrangere:20190520030126j:plain:w500

アナウンスのない路線バスの下車方法

現在シンガポールのバスにはなんと停車駅などが表示されるモニターがありません。 自分の移動位置をGoogle Maps上で確認しながら、降りたい駅の少し手前あたりにきたところでブザーを押します。

f:id:letrangere:20190520030130j:plain:w500

イメージとしてはこのあたり。

f:id:letrangere:20190520034952j:plain:w300

ブザーを押すと、バスの前方、社内で唯一あるモニターに「STOPPING」と表示されます。降車位置は後方のドアになるので、その付近に向かいましょう。 バスがものすごく混んでいるときは前方のドアから出たりする人もいますが、運転手によっては注意されますので、後方のドアから降りましょう〜。

バス停に停まりましたら、Ez-Linkカードの方は後方ドアの付近にあるICカード読み取り機にタッチをして下車します。現金でチケットを買っている方はそのまま降りて大丈夫です。

f:id:letrangere:20190520030109j:plain:w500

最後に:路線バス乗車時に気をつけた方がいいこと

  1. バスの中は北極

  2. どのバスも運転が荒い

1. バスの中は北極

バスの中は冷房がよく効いています。これはバスに限ったことではなく、シンガポールでは建物内なども極寒なのですが、バスの場合は空調の吹き出し口が近いので、とてつもなく冷えます。長距離を乗る場合は、通風孔の向きを変えたり、カーディガンを羽織るなどして寒さから身を守ってください。

2.どのバスも運転が荒い

そしてシンガポールではバスもタクシーも運転が荒いです。バスの場合は作りの問題もあるかもしれないのですが、発進時などは普通によろめくので、常に手すりなどに捕まってくださいね。あとダブルデッカーという2階建てタイプのバスに乗って降りる際も、車内の狭い階段を降りているときにバスが停止し頭を打つ人も見かけるので、移動の際はくれぐれもご注意ください。

以上、シンガポールでのバスの乗り方でした!

初めて乗る方は戸惑うこともあるかもしれませんが、Google Mapsさえあればなんとかなります。そして慣れると自分の目的地までMRTよりも近い場所で降りれたりするので、便利です。そして景色を楽しめるのもバスの良いポイントです。

ぜひバスにもチャレンジしてシンガポールでの旅行を最大限楽しんでくださいね。

それではまた次の記事で!